2007年08月10日

人材バンクの活用のポイント

一般事務の求人探しのポイントは人材バンクの有効活用がポイントです。人材バンクは、「敷居が高そう」とか、「豊富な経験やスキルを持つ人のためのもの」というイメージを持っている方もいるのではないでしょうか?

しかし、実際のところ、そんなことは全くありません。例えば、こんな方でも、人材バンクを利用することができます。

「まだ若いし…、キャリアが浅いんだけど…」

人材バンクには、「キャリアやスキルは浅くても、人物面・素養・学習能力・意欲といった面で優れている若手を採用したい!」という求人も多数あります。もちろん一般事務の求人も多数あります。

また、若手だからこそ、人材バンクの利用が有効であるともいえます。この年齢層は、転職活動にあたって、学生時代の就職活動のやり方をひきずってしまい、失敗するケースがあるからです。

多少なりとも社会人経験・仕事経験をもってのぞむ転職活動には、 新卒の就職活動とは異なる「戦略」が必要。転職のプロからノウハウを得て、一緒に戦略を立てることで、成功率は高まるはずです。

また、今すぐ転職する気はないけど、転職についてプロの話を聞いてみたいという方も人材バンクの活用できます。

人材バンクのアドバイザーと相談した結果、 転職しないと決断をする方も大勢います。その方の最適なキャリアプランを考慮した結果、アドバイザーから「今は転職しない方がいい!むしろ現職できちんとキャリアを身につけましょう。」とアドバイスされる場合もあります。

人材バンクは、相談に来た方が登録後、転職してはじめて報酬が支払われるしくみなので、「すぐに転職することを勧めるに違いない」と思われるかもしれません。しかし、実際には 本人の希望、キャリアの市場価値、求人環境などを考慮して、最適な転職タイミングをアドバイスしてくれます。

ただし、良い求人はいつもあるとは限りません。とくに一般事務職の動きは激しいので、必ずしも時間をかけたからといって良い求人に出会えるとも限りません。具体的な求人案件の紹介を受け、相談しつつ、タイミングを計るのが良いでしょう。

【キャンペーン期間中】完全個別人材紹介!!typeの人材紹介サービス。
【関連する記事】
posted by 一般事務求人 at 21:40| 一般事務の求人情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。